tool description

エクスペリエンスプロトタイプとは、サービスに含まれる特定の物理的なタッチポイントを利用して、そのパフォーマンスの一部を予想するシミュレーションです。 エクスペリエンスプロトタイプによって、デザインシンキングの利用者は、ユーザの積極的な参加を通じて解決策をテストし、問題解決していくことができます。

References: 
(2000) Marion Buchenau, Jane Fulton Suri, Experience Prototyping, paper presented at the Symposium on Designing Interactive Systems.
CASE STUDIES
CASE STUDIES

FAVOR LINK

Interaction Design Institute Ivrea

このプロジェクトの目的は、日々働く母親の生活を少し楽にしてあげることでした。サービスのはそうはモバイルアプリケーションでした。幾つかのユーザシナリオを定義して、エクスペリエンスプロトタイプとインタフェースを構築することで、デザイナが自裁のサービスをシュミレーションし、その機能性を説明することができました。

MAYPOLEプロジェクト

IDEO and Nokia

そのゴールはより最終的なソリューションに近い経験を子供たちに与えられるようにプロトタイプを制作することでした。典型的に使われる方法ではない状態でのテストを避けるために、ノキアは設計チームが作成したピクチャーコミュニケーターを配布し、それを子供たちに持って帰ってもらい、日中それで遊んでもらいました。プロトタイプは電源パックとトランシーバーユニットが必要で、子供たちはそれを持ち運ばなければなりませんでしたが、写真を取り・送り・受け取る経験はその不便さを感じさせないぐらい
受け入れられました。人々はそれがプロトタイプであることを忘れて利用することができました。これにより、当初想定/仮説の可能性を確認し、デザイナがインタラクションできるようになりました。

T-MOBILEの追加研究

Stby

T- Mobileの以前の研究に続いて、STBYはクライアントチームともう一度、最初の研究に基づいて開発した新しいモバイルインターネットサービスのテストを行われました。
サービスコンセプトを可視化して説明するために、エクスペリエンスプロトタイプがクライアントチームとデザイナのコラボレーションにより作成されました。これらのプロトタイプがそれからサービスの使い方の議論や新たな要素の追加を考えるにあたり使われました。